FC2ブログ
06≪ 2020/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2019-02-02 (Sat)
先週に引き続き、降雪のあった寒い朝。会場である囲碁会館の駐車場も真っ白です。
そんな金曜日の朝でしたが、日本語会話に熱心なメンバー22名が参加してくださいました。

20190201_1.jpg

2月は1年で最も寒い月である一方で春の訪れを感じ始める月でもありますが、本日のトピックは春の年中行事のひとつ
「節分」と「厄払い」です。

「節分」は、季節を分ける〜冬から春に移り変わる喜びと、これから始まる新しい1年の無病息災を祈る行事として現在も定着していますが、オランダメンバーの1人が、

「ノリマキを食べる日です。」と。

ここ10〜20年くらいの間に、節分に「恵方」(縁起が良いとされる方向)を向いて、巻寿司(恵方巻)を食べる人も増えてきました。よくご存知です!(詳しい由来は様々なので、日本人としては少々複雑でもありますが)

オランダや他の国でも、「節分」のような、厄払いの習慣があるのでしょうか。あるいは、それぞれが、験(げん)を担いだり、縁起が良い何かをしているのでしょうか。

日本語会話に参加されている様々な国に住まわれた経験のあるみなさんからお聞きしてみたところ

「オランダで大晦日の夜、花火をたくさんあげるのは、大きな音を立てて、新しい年に、悪いことが起こらないよう、邪気を追い払う、という意味もあります。」

「部屋に家具の配置をするとき、ベッドの脚を入り口に向けてはいけない、と言われています。」

「風水で、家のレイアウトを決める人がいます。」

「両手の親指と人差し指を付けたり離したりしながら、試験の合格等グッドラックを祈ります。」

「木製のテーブル等をコンコンと叩いて、不吉を追い払います。」

など教えてくださいました。

20190201_2.jpg

厄払いの方法は国や地域によって微妙に異なりますが、同じようなアイデアがあることは新鮮な驚きでした。

そして最後に、オランダメンバーRさんのご協力を得まして、簡単ではありますが節分の豆まきを体験していただきました。

是非豆まきをしてみたい、というリクエストをしてくださっていたメンバーさんの笑顔と、鬼役を快く引き受けてくださったRさんのカッコいい鬼ぶり(!)
が印象的な、外では雪がチラつく、寒くて、熱い、賑やかな金曜日の朝でした。
無病息災で、幸せな1年でありますように。

20190201_3.png


次回の日本語会話は、オープンデーとなっております。
2月15日(金曜日) 10:30〜12:30 オープンデー


オープンデーちらし


トピック「どんなスタイルの旅行が好きですか?」


次回も、皆さまのご参加を、お待ちしております。

私達の活動や、日本語会話に興味のある方は、お気軽にメールで、お問い合わせください。
jwcnihongokaiwa ☆ gmail. com(☆を@に変えてください。)

JWC




にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
| ♪日本語会話♪ | COM(-) | TB(-) |