FC2ブログ
06≪ 2020/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2018-11-05 (Mon)
View this post on Instagram

11月2日 日本語会話 シントマールテンの思い出 夏時間が終わり、急に、夜が長く感じられるようになりましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?今朝は、前日の雨も上がり、初参加のお二人、CさんとWさんを含む、20名の方々に、お集まりいただきました。 今日のテーマは、「シントマールテンの思い出」ということで、シントマールテンを、ご存知でない方もいらっしゃいましたので、調べる事ができる範囲内で、簡単に歴史や背景を説明させて頂きました。 ローマ帝国時代のある兵士が、洗礼を受け、やがて、フランスで司教になったこと、11月11日は、シントマールテンの命日、あるいは、埋葬された日とされている、とのことでしたが、オランダ人メンバーの方々から、シントマールテンの祝いは、アムステルダム界隈では、盛んだけど、オランダ南部では、全く見たことがないよ、、特に、ユトレヒト周辺で、重要なお祭りなんです、、等の情報も、教えていただきました。 由来や祝い方は諸説ありまが、オランダ版ハロウィーンといったイメージで、定着しているようです。 日本人メンバーのNさんは、お子さまと祝う、楽しいオランダのイベントだとおっしゃっていました。 ノンジャパメンバーのPさんは、お子さまが小さかった頃は、一緒に祝っていたそうですが、今は、ハロウィーンの方が楽しくて、自分で仮装はしないけれど、ハロウィーンの雰囲気が大好きだとのことでした。更に、日本の妖怪や怪談にも興味があり、東京に行った時、通称「四谷怪談神社」を訪ねた話を披露してくださいました。お岩さんや妖怪ウオッチ、、皆さん、本当に良くご存知です! 最近は、シントマールテンの唄を繰り返し歌うより、トリック オア トリートと言うだけで、アメがもらえる、ハロウィーンのほうが好きだという子どもたちが増えてきた、と話してくださった方もいました。なるほど、さすが、若い子たちは、現実的ですね! 今年のシントマールテンの日は、日曜日です。 どうか、ハロウィーンの方が楽だなんて言わないで、シントマールテンの唄を、たくさん聞かせてください。お菓子の準備をして待っていますので、子どもたちがたくさん来てくれますように。。 Sinte,sinte maarten, De koeien hebben staarten, Meisjes hebben rokjes aan, Daar komt sinte maarten aan. 次回の日本語会話は、11月16日(金)です。 私たちの活動や、日本語会話に興味のある方は、お気軽にメールで、お問い合わせください。 jwcnihongokaiwa ☆gmail.com (☆を@に変えてください) HK

A post shared by The Japan Women’s Club in NL (@jwc_japanwomensclub) on

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
| 未分類 | COM(-) | TB(-) |